画像:地域プロデューサー 齋藤潤一氏

「地域ビジネスで世界をより良くする」を使命に、全国でローカルビジネスの創出を実現している、地域プロデューサー 齋藤潤一氏。

齋藤氏
「発見」「磨く」「発信」の
高速PDCAを繰り返すだけです。
それを成果が出るまで続けます。
難しいことではありません。
でも、9割の人がやりません。

先日公開した記事「【起業家精神】9割の人がやらない、稼ぐ地域ビジネスのつくり方」の後半で触れた「地域のためにチャレンジし続ける人財」について深掘りをしていきたい。

地域にとって重要な人財育成について、齋藤氏にお話を伺った。

稼ぐ地域ビジネスのつくり方「人財育成」

地方の現場を見ていると、従来の人財育成塾にはいくつかの課題があるという。

その多くが、講師から受講生への一方向で行われ、学んだこと自体に満足し、そこで終わってしまっている。

齋藤氏
持続可能な地域の実現のため、
自ら問題解決する人財が必要。
講座を通じ、学ぶだけでなく、
実際にビジネスをつくってみる。

齋藤氏に、地域の未来を変えていく人財育成のポイントを伺った。

>> 地域ビジネスを生み出す人財育成

ABOUTこの記事をかいた人

高橋慶彦

「東北の魅力を世界に伝える」を使命に活動中。【毎日東北】と題して東北の情報を毎日発信!「MACHI LOG」東北の編集長、広告代理店・東北プリントワールド株式会社 代表取締役。PR・販促支援で企業・官公庁の実績多数。