地域商社が生まれる、起業家育成の方法

高橋慶彦


MACHI LOG 東北編集長


画像:地域プロデューサー 齋藤潤一氏

「地域ビジネスで世界をより良くする」を使命に、全国でローカルビジネスの創出を実現している、地域プロデューサー 齋藤潤一氏。

有機農業のまち・宮崎県綾市「aya100」プロジェクトで地域商社を運営する若者、宮崎県日向市で特産品「へべす」を全国区にしようと目標額300万円のクラウドファンディングに挑戦・達成した19歳の青年など、齋藤氏の周囲では次々に新しいことへチャレンジする起業家が生まれている。

先日公開した記事「【人財育成】9割の人がやらない、稼ぐ地域ビジネスのつくり方」で伝えた「人財育成」について深掘りをしていきたい。

どのように人財育成を行われているのか、齋藤氏にお話を伺った。

地域づくりと起業家の人財育成

齋藤氏は、持続可能な地域を実現するため、きちんと稼げる人財が地域に必要だと考えている。

齋藤氏
持続可能な地域の実現のため、
想いを持って行動し、
自ら問題解決する人財が必要。
人財育成と同時に、参加者が
内省できる場づくりを目指す。

齋藤氏に、人財育成のポイントと基本カリキュラムについてを伺った。

>> 持続可能な地域づくりと人財育成

地域ブランディングや
ソーシャルビジネス創出を実現

「地域の魅力を伝える」
【MACHI LOG】は、地域のPR・ブランディング・商品開発を一緒に実現します。地域を大切に想う10万人の読者が、あなたの地域を応援します。

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

へべす

MACHI LOG を一緒に盛り上げてくれる仲間を募集!

2017.07.05

早く・伝わる文章を書く方法、ライティング講座・基礎編(第3回)を東京で開催

2017.07.02

なべっこ遠足は、秋田だけ!小学校の一大行事は、スゴい教育プログラム-秋田/県南

2015.08.27