愛煙家に朗報!東京で読書と水タバコを楽しめる場がオープンへ

オカダタクヤ


地域コーディネーター

「ゆっくりとした時間を過ごしたい」と、リラックスできる場所を求める方々が増えています。

そんな方々に、少しずつ注目されているのが「水タバコ」。

シーシャやフーカーなどと呼ばれる中東生まれの嗜好品です。

東京にまったりできる場所を作る

「タバコ」と行っても、葉巻やパイプとは匂いも仕組みも全く異なっているのが水タバコです。

そもそも水タバコって何?

水タバコとは、ニコチン含有量が0.5%以下の香り付けされたタバコの葉を炭で熱し、煙を水に通してから吸い込んで味や香りを楽しむというものです。

香りは、フルーツ系からハーブ系、他にもチョコレートなど、多種多様なものがあり、自分の好みを選べることが特徴です。

独特の器具を使うため、気軽に自宅でともいかないため、専門店が多く存在しています。

深夜まで営業!大人の夜の時間を楽しめる

ファンが増えている「水タバコ」が吸えるお店に、新しく加わるのが「いわしくらぶ東京店」。通称「旅するけむりの図書館」です。

特徴は、店名にもあらわれているように、数多くの本を有する図書館のようなお店であることです。

発起人の磯川大地さんは、その魅力を次のように語ります。

本が大好きな自分のために作ったという気持ちもあります。本も好き、シーシャも好きな私にとって、本を読みながらシーシャが吸える場所がないことが不満でした。

本の世界にまったりトリップできるような空間を作ります。

磯川さんの思いは営業時間にも現れています。

月曜から土曜まで、14時から24時まで営業します。一日の疲れを癒やしながら、思い思いにくつろいでいただける空間にしたい。

先行チケットが手に入るチャンス!

現在いわしくらぶ東京店は、5月1日のグランドオープンを目指し、着々と作業を進めています。

店舗のオープン費用の一部をクラウドファンディングで募集中。

1000円から支援でき、お得にいわしくらぶが楽しめる特典がご用意されています。

4月30日まで支援を受付中となっており、東京で新しくオープンする癒やし空間を体験したい方は、要注目となっています。

店舗情報

Book&Shishaいわしくらぶ 東京店
〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-19-4 矢嶋ビル3F
HP:http://iwashimagazine.com/
営業時間:(月〜土)14:00-24:00 (日)定休日 ※2017年5月1日(月)よりグランドオープン
料金:シーシャ 1,500円 ドリンク 500円〜

■SNSアカウント
Facebook:https://www.facebook.com/iwashiclub.tokyo/
Twitter:https://twitter.com/iwashi_tokyo
Instagram:https://www.instagram.com/iwashiclub_tokyo/


PR for アグリビジネススクール
参加無料で、若手Uターン農家に学ぶ「稼ぐ農業」
人数限定の人気イベントを開催!

イベント詳細はこちら



最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

へべす

安心安全の食とおいしさを追求。アグリビジネススクールで学ぶ稼ぐ農業

2017.11.20

賞金総額500万円!茨城県北を舞台にしたビジネスプランコンペティションがスタート!

2017.11.17

働き方改革:弱いつながりで実現する地域づくり

2017.11.12

ABOUTこの記事をかいた人

オカダタクヤ

地域の魅力を「つなぐ・つたえる」。全国を旅しながらローカルメディア運営、クラウドファンディング、講座セミナー等の事務局長を行ってます。執筆・お仕事のお問い合わせは、info@ande-ande.net までご連絡ください。