秋田新幹線こまち駅弁、日本一の鶏めし一筋60年企業がつくるコスパ最強の「から揚げ鶏めし」

鶏めし一筋60年の企業が作る駅弁

名古屋コーチン、薩摩地鶏と並び、日本三大美味鶏の1つとして挙げられる、秋田名物・比内地鶏。

今回は、そんな比内地鶏を使った「鶏めし」一筋60年の企業が作る「から揚げ鶏めし」弁当をご紹介します。

秋田大館名物駅弁「鶏めし」

比内地鶏を使った「東日本一の駅弁」が、秋田にはあります。全国的にも有名な駅弁で、鶏めし系駅弁の「東の横綱」と称される人気弁当。

それを作るのが、秋田県北部の大館市にある株式会社花善さんです。冷めても美味しい、鶏めしを追求し続けてきました。

コスパ最強駅弁「から揚げ鶏めし」

秋田新幹線こまちに乗るなら、今回ご紹介する「から揚げ鶏めし」もオススメ。

駅弁でありながら非常にコスパの高い、税込650円。

こだわりのタレをかけて食べる唐揚げ、うまいです。から揚げに付けられた柚子胡椒の下味、薬味の白髪ネギとの組み合わせが絶妙。

鶏むね肉の竜田揚げも、美味。

そぼろ玉子が乗った味付けご飯とよく合います。付け合わせ(筍の漬物)も美味しい。

機会があれば、是非ご賞味ください。

販売店一覧(ページ下部)
※店舗によっては、取り扱いのない商品や、毎日販売していない場合もあります。

ABOUTこの記事をかいた人

高橋慶彦

「東北の魅力を世界に伝える」を使命に活動中。【毎日東北】と題して東北の情報を毎日発信!「MACHI LOG」東北の編集長、広告代理店・東北プリントワールド株式会社 代表取締役。PR・販促支援で企業・官公庁の実績多数。