伝わる文章の書き方を学ぶ、ライティング講座・基礎編を開催

伝わる文章は、誰でも書くことができる。

ビジネスにおいて、そして、情報発信を行う場面において、伝わる文章を書くスキルが求められています。

「外の人に、地域や商品の魅力を伝えたい。ブログやメディアを運営し、盛り上げたい。」

そのような人たちを対象に、これまで「愛される地域を増やす」を使命に日本全国のヒト・モノ・コトの魅力を伝えてきた MACHI LOG は、ライティング講座『伝わる文章塾』を開催しています。

ライティング講座『伝わる文章塾』

2017年4月24日(月)の19時30半〜21時、東京都千代田区にあるオープンイノベーションオフィス「SENQ霞ヶ関」にて、ライティング講座『伝わる文章塾:バズる情報発信【基礎編】』を開催しました。

講師は、MACHI LOG 東北編集長として、「東北の魅力を世界に伝える」を使命に、東北の情報を毎日発信している高橋慶彦さん(東北プリントワールド株式会社 代表取締役)です。

□MACHI LOG 東北編集長 の記事はこちら

これまで MACHI LOG で東北の魅力を中心に発信してきた経験から、20名の参加者に伝わる文章の書き方と情報発信のポイントをお伝えしました。

「伝える」と「伝わる」は違う

まずは、魅力を伝える本質を理解してもらうために、1分間自己紹介として、2人1組のペアで自分自身の魅力を参加者同士で伝え合ってもらいました。そして、伝えるための少しのコツをお伝えしました。

1:情報整理(フレームを意識する)
2:深掘り(なぜ?を繰り返す)
3:共感(ビジョンを語る)

その上で、「伝える」と「伝わる」の違いを説明しました。

□伝える:発信者から受け手に情報を届ける
□伝わる:受け手がリアクションを起こす

本当に魅力が伝わった状態では、「私の知人に紹介します」や「今度コラボしましょう」など、受けてから何かしらのアクションが起こります。

「読者に届かなければ、
 読者に伝わらなければ、
 読者に刺さらなければ、
 その情報は、
 存在していないのと同じ。」

「伝える」と「伝わる」の違いを意識することで、情報発信の質は大きく変わります。

>> バズる情報発信で大切なこと

地域のPR・イベント企画
ブランディングを共に実現

「地域の魅力を伝える」
地域のPR・ファンづくり・ブランディングを一緒に実現する【MACHI LOG】
■地域と人を繋げる情報発信:2500記事以上
■地域の価値を高めるイベント企画運営:60回以上
■地域のファンを生み出すクラウドファンディング:支援金総額1000万円以上

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

へべす

MACHI LOG を一緒に盛り上げてくれる仲間を募集!

2017.07.05

早く・伝わる文章を書く方法、ライティング講座・基礎編(第3回)を東京で開催

2017.07.02

なべっこ遠足は、秋田だけ!小学校の一大行事は、スゴい教育プログラム-秋田/県南

2015.08.27

ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地域の魅力を伝える」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。