ロジカルに伝わる文章を書く方法、ライティング講座・基礎編(第2回)を東京で開催

伝わる文章力を実践で磨く

「ブログやメディアを運営し、地域や商品の魅力を伝えたい。」

情報発信を行う上で、ロジカルな文章を意識することは非常に重要です。受け手がスムーズに理解できなければ、折角時間を掛けて発信した情報が無駄になります。

「愛される地域を増やす」を使命に日本全国のヒト・モノ・コトの魅力を伝える MACHI LOG は、これまでの経験を活かし、ライティング講座『伝わる文章塾』を開催しています。

ライティング講座『伝わる文章塾』

2017年5月29日(月)の19時〜21時、東京都千代田区にあるオープンイノベーションオフィス「SENQ霞ヶ関」にて、ライティング講座『伝わる文章塾:バズる情報発信【基礎編】』を開催しました。

4月に行った基礎編に30分追加し、よりテクニカルなお話をする時間を増やした2回目の開催となりました。

講師は前回に引き続き、MACHI LOG 東北編集長として、「東北の魅力を世界に伝える」を使命に、東北の情報を毎日発信している高橋慶彦さん(東北プリントワールド株式会社 代表取締役)です。

□MACHI LOG 東北編集長 の記事はこちら

少数限定10名の参加者に対し、これまで東北の魅力を中心に情報発信してきた経験から「伝わる文章の書き方とポイント」をお伝えしました。

情報発信で大切なこと

今回の基礎編では、情報発信で大切なこととして、以下の内容を参加者にお話ししました。

情報発信を支える3つの柱
1:なぜ、やるのか?
2:どんな未来を描くのか?
3:続ける熱量は十分か?

魅力を伝える3つのコツ
1:写真を大切にする

2:圧倒的な何かを探す

3:想いを込める

伝わる文章を書く3つのポイント
1:ロジカルに書く

2:ブランドを伝える
3:徹底的に改善し続ける

この中で、今回は「ロジカルな文章を作成する方法」について、少し詳しく掘り下げました。

>> ロジカルな文章を作成する5ステップ

ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地域の魅力を伝える」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。