9/2都内開催!無料試食・お土産付き:農家さんに学ぶ「稼ぐ農業」アグリビジネススクール

PR for アグリビジネススクール

農家民宿や、農家レストランなど、「農家」と関連した宿や飲食店が増えています。

実際に農家の方が運営されている場合、どのようにして農業と両立されているのでしょうか。

多品目の野菜を育てることと、カフェ経営の両立

宮崎県日向市に、隠れ家的な人気カフェがあります。

「森みち」という名前で、農家の黒木洋人さんが古民家を改装しオープンしたお店です。

黒木さんは、代々続く農家の10代目。ミニトマトを主産品として扱いながら、ズッキーニを栽培したり、日向市の特産品である「へべす」を育てたりと、多品目を栽培し、農家として事業をおこなっています。

一方で、カフェも開業し自ら料理を振る舞うなど、栽培から料理の提供まで、いわば一貫して農業ビジネスに携わり、生産と提供という両方の分野で実践されています。

試行錯誤しながら、地域のブランド構築も実践

黒木さんは農業だけでなく、広く地域の魅力を発信するという思いのもと、「へべす」の販路開拓も積極的に行っています。

実際に、宮崎県以外ではほとんど知られていなかった「へべす」が、東京・吉祥寺でブームになるなど、着実に成果もあがっています。

イベント参加は無料。お申し込みをお忘れなく!

今回のアグリビジネススクールでは、「試行錯誤の連続」と語る黒木さんに、実際にどのように、農業ビジネスを実践しているのかを伺います。

農業経営、カフェ経営、そして地域の情報発信。

それらは、どのようなバランスで、どう手がけてこられたのか、そしてどんな青果が上がっているかを伺います。

幻の「へべす」を試食

写真は昨年の様子。試食に会場も盛り上がります

そして来場者限定の特典もあります。

そのひとつが、幻のフルーツ「へべす」の試食。生産量が少ないため、なかなか出回らない「へべす」を体験していただけます。

健康効果で話題となっているフルーツを、いち早く体験するチャンス。

農業ビジネスや地方移住に関心がある方は、必ず何か得るものがあるであろうアグリカルチャースクール。

ぜひお気軽にご参加ください。

地域のPR・イベント企画
ブランディングを共に実現

「地域の魅力を伝える」
地域のPR・ファンづくり・ブランディングを一緒に実現する【MACHI LOG】
■地域と人を繋げる情報発信:2500記事以上
■地域の価値を高めるイベント企画運営:60回以上
■地域のファンを生み出すクラウドファンディング:支援金総額1000万円以上

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

へべす

MACHI LOG を一緒に盛り上げてくれる仲間を募集!

2017.07.05

早く・伝わる文章を書く方法、ライティング講座・基礎編(第3回)を東京で開催

2017.07.02

なべっこ遠足は、秋田だけ!小学校の一大行事は、スゴい教育プログラム-秋田/県南

2015.08.27

ABOUTこの記事をかいた人

オカダタクヤ

「地域の魅力を伝える」を使命に、全国各地の地域の成功事例を取材。PR不足の地域の課題を解決します。記事と連動したクラウドファンディング成功事例有り。執筆・お仕事のお問い合わせは、info@ande-ande.net までご連絡ください。