限界集落からソーシャルビジネスを作る!宮崎県・渡川で、マイ・プロジェクトから地域課題解決へ

オカダタクヤ


地域コーディネーター

PR for 渡川未来会議

講義を行う地域プロデューサーの齋藤潤一さん

宮崎県美郷町渡川地区は、人口約350人の里山地域です。

いわゆる限界集落と言われ、少子高齢化が進む地域でもあります。

地域を持続可能にするために、「稼ぐ力」を身につける講座「渡川未来会議」が2016年から実施され、成果が少しずつ出てきています。

平均年齢70歳のおばあちゃんたちが約150万円のビジネスを生み出す

クラウドファンディングが大成功し、全国的な話題に

講座の大きな成果のひとつは、地域のおばあちゃんたちが全国から注目されるきっかけとなったクラウドファンディングを活用した取り組みです。

お弁当をつくって、高齢者の見回りをする活動を行う通称「渡川マンマ」の活動を応援しようと、渡川の地域が一体となり、おばあちゃんたちが活動するカフェを作るという取り組みが実施されました。

全国各地から支援を集め、目標金額を大きく上回る約150万円を獲得。

限界集落発の衝撃に、全国から視察や、メディア取材が訪れるまでになっています。

「やりたいこと」からマイ・プロジェクトをつくる

グループに分かれて、アイデアをかたちにしていく

このような渡川未来会議が2017年も始まりました。

今回は、「挑戦者求む!」とテーマを掲げ、渡川からのさらなる挑戦を生む取り組みとなっています。

グループワークで自分の考えをまとめていく

若手も年配の方も一緒に参加できるのが渡川の魅力

今回の講座で実施されたのは、「マイ・プロジェクト」を作るという取り組みです。

なんとなくやりたいと思っていること、いつかやろうと思っていること、ぼんやりとしたアイデアを、個人ワークとグループワークを通じて、具体的にしていきます。

この講座の狙いは、誰もが自分の考えやアイデアをまとめて、アウトプットできるということを体感して、その方法を身につけることにあります。そうすれば、課題に直面した時に、どう解決するのかを考える力になります。

地域課題を解決する新しい取り組みへ

最後は全員で自分のプランを発表

今回出てきたアイデアは、どれも「雇用創出」や「外貨獲得」、そして「ファンの増加」など、各自それぞれの視点から、地域の課題解決を意図するプランが生まれました。

今後は、マイ・プロジェクトとしてかたちになったプランを磨いていき、実際に「稼ぐ」ことを始めとしたアクションに結びつけていきます。

限界集落から、どのような地域課題を解決するソーシャルビジネスが生まれるかに、引き続き注目です。

地域ブランディングや
ソーシャルビジネス創出を実現

「地域の魅力を伝える」
【MACHI LOG】は、地域のPR・ブランディング・商品開発を一緒に実現します。地域を大切に想う10万人の読者が、あなたの地域を応援します。

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

へべす

MACHI LOG を一緒に盛り上げてくれる仲間を募集!

2017.07.05

早く・伝わる文章を書く方法、ライティング講座・基礎編(第3回)を東京で開催

2017.07.02

なべっこ遠足は、秋田だけ!小学校の一大行事は、スゴい教育プログラム-秋田/県南

2015.08.27

ABOUTこの記事をかいた人

オカダタクヤ

地域の魅力を「つなぐ・つたえる」。全国を旅しながらローカルメディア運営、クラウドファンディング、講座セミナー等の事務局長を行ってます。執筆・お仕事のお問い合わせは、info@ande-ande.net までご連絡ください。