イノベーションは地域から!茨城県北から地域課題を解決するソーシャルビジネス講座がスタート。

オカダタクヤ


地域コーディネーター

PR for 茨城県北地域ビジネス創出支援事業

10月1日に開講する茨城県北地域ビジネス創出支援講座。

現場の最前線で活躍する講師から、地域課題を解決するソーシャルビジネスのつくり方を学べる機会とあって大きな話題となっています。

開講に先立ち、テーマに「地域イノベーション」を掲げたキックオフセミナーが開催されました。

はやく、たくさん失敗する。1勝99敗の精神で成功するまでやり続ける

はじめの講演は、茨城県北地域ビジネス創出支援講座のプロデュースをおこなっているNPO法人まちづくり代表理事で地域プロデューサーの齋藤潤一さんです。

地域づくりや、ソーシャルビジネス作りで大事なことは早くたくさん失敗すること。失敗して改善してというのを、成功するまでやり続ける。

「1勝99敗」と語る「シリコンバレー流地域づくり」と称される内容を語ります。

開場からは、「感動しました」という声も。

イノベーションは辺境から始まる。手を上げてから考えろ

続いての基調講演は、イノベーションの大家・米倉誠一郎さん。

イノベーションをテーマに長年研究活動、啓蒙活動をおこなっていらっしゃり、経営者からも熱い支持を受けています。

社会状況や財政、日本の起業家の歴史、教育論など、様々な分野を横断しながら、講演は進みます。

メンタリティを変えていかないといけない。考え方を変えるということ。「質問は」と尋ねたら、まず手を上げてから考える、当たってから考えるくらいで良い。

と語りながら、実際に会場にも縦横無尽に質問をしながら講演は進みます。

140名が体感、県北の熱気。

会場の外にもブースが。休憩中は多くの方々で賑わう

この日の来場者は約140名ほど。「水戸で100人来るイベントが珍しい」と言われる中での参加者数の多さに、注目度の高さが伺えます。

齋藤潤一×米倉誠一郎 対談

地域イノベーションを話題の中心にディスカッションも。

「いま社会にいきなり飛び出すのはこわい」という感想に、「まずはやってみてから考えてみたら良い」と、相談会のように。

2人の熱気に、会場の熱気もあがっていきます。

総額800万円。ビジネスコンテスト優秀賞受賞者が語る今の活動

発表する2015年度優秀賞の山本さん

今回のキックオフセミナーでは、昨年度までの県北地域ビジネスプランコンテストの受賞者も登場。

受賞後に起こった変化や、今の挑戦など、受賞後の様子が語られました。

パネルディスカッションも開催。

全員が「ワクワクすること」と実際の事業を組み合わせていることがわかり、会場からも「やってみたい、ワクワクすることを、仕事につなげて良いんだという気持ちになりました」という感想も聞かれます。

最後は登壇者も会場も一緒に記念撮影。新しい挑戦のスタートです。

講座募集締切、迫る

茨城県北地域ビジネス創出支援講座の申込みは、9月14日(木)まで。

全国で活躍するソーシャルビジネスの実践者や、研究者が県北にやってきます。

受講料は無料、直接指導や事業化へのフォローアップ、クラウドファンディングの支援など、実際にビジネスを立ち上げるためのサポートが受けられる内容となっています。

募集は、こちらの公式サイト よりおこなっていただけます。


PR for アグリビジネススクール
参加無料で、若手Uターン農家に学ぶ「稼ぐ農業」

人数限定の人気イベントを開催!

イベント詳細はこちら



最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

へべす

MACHI LOG を一緒に盛り上げてくれる仲間を募集!

2017.07.05

早く・伝わる文章を書く方法、ライティング講座・基礎編(第3回)を東京で開催

2017.07.02

なべっこ遠足は、秋田だけ!小学校の一大行事は、スゴい教育プログラム-秋田/県南

2015.08.27

ABOUTこの記事をかいた人

オカダタクヤ

地域の魅力を「つなぐ・つたえる」。全国を旅しながらローカルメディア運営、クラウドファンディング、講座セミナー等の事務局長を行ってます。執筆・お仕事のお問い合わせは、info@ande-ande.net までご連絡ください。