地方で「子どもは?」と聞くのは、セクハラか?

MACHI LOG編集部


MACHI LOG staff

保毛田保毛男やハリウッドでのセクハラ告発疑惑、加えて、ベッキー不倫、ゲスの極み、、

性、すなわちSEXに関する興味関心がつきない。

これらは、おそらく日本人の自尊心の欠如から来ているのかもしれない

いわゆるリア充と思われている人に対して

「セクハラするなどけしからん!」

と言うことで、欠如した自尊心が満たされる気がする

しかし、そんな人達も、知らない間に、無邪気にセクハラをしていることはないだろうか?

それが地方における「子どもは?」だ

地方で出会って10分で「子どもは?」と聞くのは当たり前

全国では、不妊治療のに取り組んでいる夫婦が実に.466,900人(推計)人もいるといわれている(厚生労働省調べ)

厚生労働省では、不妊治療の患者数として紹介されている。
不妊は、患者なのだ。

このような事実の認識がある東京などでは、出会ってすぐ「子どもさんは」ということは少ない気がするが、地方、特に田舎では、出会って10分で「子どもは?」は常識だ。

夫婦であれば子どもがいるのは当たり前

不妊治療
では、なぜ「子どもは?」は、セクハラになるのだろうか?

それは、あまりにも無邪気すぎるからだ。

地方では、戦争後に生まれ、高度経済成長、ベイビーブームを経験した高年齢の人も多く、夫婦であれば子どもがいることは当たり前なのだ

不妊治療の制度は使いにくい

不妊治療

地方自治体では、このような流れをうけて、不妊治療に関する補助や助成金を併設しているが、本当に悩んでいる人たちが、顔の知れているコミニュティ濃度の高い地方で、不妊治療の病院などいくだろうか?(参考:不妊治療をめぐる現状

このような制度は、助けにはなるだろうが、現段階では、使いにくい制度あることは否めない。

地方には、東京のように受付を分けたプライバシー保護の病院が少ないからだ

では、どうすればよいのか?

地方では、より一層、世界の潮流を伝えていく啓蒙活動が必要だ。渋谷区のような長谷部健区長のような大々的なことは、いきなり難しいだろう。

講座やセミナーからスタートする形でも良い。

不妊治療だけではなく、LGBT、シェアリングエコノミーなど、世界は日々。オープンでフラットで自由な生き方へとシフトしていっている

笑顔の裏側で傷ついている夫婦がたくさんいるのだ。

地方創生。

多くの若者が移住して働き暮らしているが、今の地方は、東京で生活をしていた夫婦には、まだまだ生きにくい地域もある。

あなたが、無邪気に聞いている「子どもは?」で傷つている人がたくさんいることを忘れてはいけない。

*グラフデータなどは、いずれも厚生労働省からのスクリーンショット


PR for アグリビジネススクール
参加無料で、若手Uターン農家に学ぶ「稼ぐ農業」

人数限定の人気イベントを開催!

イベント詳細はこちら



最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

へべす

MACHI LOG を一緒に盛り上げてくれる仲間を募集!

2017.07.05

早く・伝わる文章を書く方法、ライティング講座・基礎編(第3回)を東京で開催

2017.07.02

なべっこ遠足は、秋田だけ!小学校の一大行事は、スゴい教育プログラム-秋田/県南

2015.08.27

ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地域の魅力を伝える」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。