「この街に生まれてよかった」と思えるまちづくりを(2)| 大分県

MACHI LOG編集部


MACHI LOG staff


前回に続き、小野仁志大分市市議会議員と「まちづくり」をテーマにした対談をお届します。小野議員自身が活動されている農村の活性化への取り組み、そして「まち」に対する深い愛を語っていただきました。

「場づくり」のきっかけはなんだっていい!

― 小野議員は実際に市議会議員としての立場からまちづくりを推進していらっしゃいますが、地域活性化するにあたって重要なこと等ありますか?例えばこれはやったほうがいい、逆にこれはやらない方がいい、といったことなどあれば教えて下さい。

小野:まずやらないほうがいいことは、補助金をあてにしないということでしょうか。地域活性には行政との関係がでてくる場面が多いと思いますが、そこで、行政からの補助をあてにするケースを非常に多くみてきました。私はお金がなくてできないものであれば、お金があったとしてもあまり良いことはできないと思います。でも、お金がなくても頑張れたことは、お金があればもっといいことができると思います。
一方やったほうがいいことは、当たり前かもしれませんが、人とのコミュニケーション。大分市でも「まちづくりはひとづくり」を念頭に、コミュニケーションをたくさんとり、人をどんどん育てていくことを大切にしています。「一人でまちづくりしています」、と言ってたとしても限界があって変わらないし、結局はみんなの力が必要になります。

 

― 場づくりや横のつながりは私も大変重要だと思います。「場づくりってまず何をやったらいいですか」、とよく聞かれることがありますが、先日GIFTのブログにも挙げた10の条件にも書かせていただきましたが、場はなんでもいいと思っています。お酒の席でも構わないです。ただ、ちゃんと中の一人がファシリテーターとなって進行するといったルールさえ守れば、どんな場所でもできると思います。今、小野さんが参加されている「龍馬プロジェクト」ではいかがですか?

小野:「大分市にも龍馬を増やそう!」、といっていろんな人に声かけて、会議室を借りて話をしたりしています。ただこれは自分のなかでは政治活動という位置づけなので、一人の市民として何かそういう場づくりの活動を進めたいです。

 

荒れてる農地を耕してもいいですか?

小野:実は今それを農業に求めているところなんです。以前友人と二人で農家さんを訪ね、「荒れてる農地を耕してもいいですか?」と聞いてみましたが、「二人ではとてもできないよ。まずは人を集めないと。」と言われました。
大分市内の校区の中に学校のPTAとは別に「親父の会」という児童のお父さん達の集まる会がありまして、そこで先ほどの農家のことを話してみようと思います。

何故こんな取組みをしているかというと、今のままだと誰も農業のなり手がいなくなってしまうだろうし、もっと農業に従事する人が増えれば、例えば加工品を売るなどして収入が増えるような仕組みができます。いろんな農家さんが組んで農業機械を共同で使えるようにしたりすればもっと効率的になります。

また、地区全体を一つの農地としてみたときに、どんな作物をどういうタイミングで作ったりすることを俯瞰的に眺めれば、みんなで利益を享受できるだろうし、そんなことをみんなで考えたいんです。そうするために人を集めて、今度畑を耕すイベントをしてみようと「親父の会」に話をするんです。まだ始まったばかりですが、これをきっかけにしたいですね。大分市も農地を市民農園のように区割りして市民に月額いくらで、というかたちで貸し出していますが、いつも募集が満杯になりますよ。

みんな何かしたい、何かやりたい、という気持があるけれども、自分が農家となるとか、作り手になろう、というところまではいけないのが実情です。土いじりをしたいとか、ちょっとだけなら手伝ってもいい、といった求めるものはみんな持っているけれども、そういうところに自分が橋渡しをして、つながっていければいいな、と思っています。

最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

地域を変えるソーシャルビジネスを生み出すために大切な3つのこと

2017.12.04

公務員、家(空き)を買う。街をリノベーションする大分佐伯の公務員がイカしてやがる!

2017.11.30

今日からできる「マーケティングに大切な1つのこと」。日向ドラゴンアカデミーレポート

2017.11.24

ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地域の魅力を伝える」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。
情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。