咢堂塾コラム:ベーシックインカムは、非人間的労働を改善するか? | 東京都

MACHI LOG編集部


MACHI LOG staff


ベーシックインカムとは、もともと福祉の現場から出てきた。年金などの社会保障は、すべて、条件付きであったが、ベーシックインカムは、無上限でそれを行うことが特徴だ。


人間のほとんどの欲求が市場化された社会
今は、高度成長が終わって、人間のほとんどの欲求が市場化された成熟社会だ。成熟社会の次には、ヨーロッパのように循環型の定常社会になる。
定住社会になると生産性は、高くなり、結果、労働力が余り、失業問題は、慢性化する。実際にヨーロッパでも失業問題が大きな問題となっており、政府は、公共事業などで対策を行っているが、抜本的な解決には、なっていない。。そして、今、ベーシックインカム必要論が巻き起こっているのだ。はたしてベーシックインカムは、非人間的労働を改善するか?

「キツイ、汚い、危険」の仕事を誰もやらなくなる?
ベーシックインカムの意義について考えてみよう。ベーシックインカムは、非人間的労働の解決になるのだろうか?
現段階では、解決の手段の1つになる。と断言できる。
前述したとおり、市場は飽和しており、労働力が余り、そもそも全員が働かなくてもよい社会構造にある。もし仕事をしなくても生活ができるのならば、生活をするために胃に穴をあけてまで仕事をすることはないからだ。
経営者は、離職率を低下させるために、労働環境を改善せざるを得ず、良くなる可能性もある。しかし、途上国から人をいれて、結果として、過酷な労働を外部に委託するような形になる懸念もある。
仕事は、ご飯を食べるために行うことではなくなる。働くか働かないかは選べる社会になる。
ただしここでは、ベーシックインカムが、根本的な労働問題などの解決には、ならないことを、強調しておきたい。
マズローの欲求の最高が自己実現であれば、自己実現だけを目指せる社会になる可能性もあるが、リスクを背負って、夢を追ってる人は、すでにそのような行動をとっている。

ベーシックインカムは、根本的な問題解決にはならない。
ベーシックインカムの議論になると、お金をもらうこと=雇用問題や人間的自立になるようにすり替えられがちだが、これこそが本当に危険なことだ。
私は、ベーシックインカムは、「魚をあげて、魚の釣り方を教えない」政策と考える。中央政権に頼りきり、衰退と腐敗した地方政治のような結末になる。
大切なことは、なぜ、ベーシックインカムがあり、その収入で、どのような経済政策を行っていくか?市民が行動を取るかにある。

ベーシックインカムに関する仮説とその答え
ここでのベーシックインカムの定義について確認するが、ベーシックインカムは、収入が多い人でも失業者でも一律で最低限を保証しますという無条件提供である。


PR for 茨城県北ビジネスプランコンペティション
賞金総額500万円。県北地域を元気にする新たなビジネスプランを募集中!

最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

地域を変えるソーシャルビジネスを生み出すために大切な3つのこと

2017.12.04

公務員、家(空き)を買う。街をリノベーションする大分佐伯の公務員がイカしてやがる!

2017.11.30

今日からできる「マーケティングに大切な1つのこと」。日向ドラゴンアカデミーレポート

2017.11.24

ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地域の魅力を伝える」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。
情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。